2016-05-08

6-8 May, 2016


Artist Naho Yokoya started her project, "A Story about Takahashi Family" in 2016
6-8 May, 2016

2015-11-28

本日のAIR DIVE TOURは福山へ


今日のAIR DIVE TOUR Nightは予定を変更して、隣の福山市にあるsalon薔薇と迷宮にて開催される、
小倉正史の 現代アート講座 〜 特別編 【アートの始まるところ】 にみなさんで行きたいと思います。

詳しくはこちらから。
http://baratomeik.exblog.jp/24636229/

度々予定が変更になり申し訳ございません。

AIR Onomichi

2015-11-20

AIR DIVE TOUR 2015





















Scab蛹 / AIR 2015
尾道山手地区に点在する空き家や廃墟など見放された場所。2007年よりアーティスト・イン・レジデンスAIR Onomichiでは国内外の美術家を招聘し、これらの場所で活動を行ってきました。その活動によって何が浮かび上がり、何が消えていったのか。また、その周辺でアーティストの活動がどの様に展開しているのか。エリア一帯を美術館(=オープンエアーミュジアム)と見立て、ツアーガイドのアーティストとともに巡り、点在する進行形の現場や作品を鑑賞するツアーです。期間中、ツアーのほかにレクチャーなど関連企画も連続開催します。


(Scab蛹)
幼虫から成虫へ変化する過渡期である蛹の時期。その内部は一部の組織を除き液状化しているといいます。これまでの組織のありようはその流動的なプロセスを経て再編されていくのです。
このたびのツアーでは今まさに、アーティストの活動によって生成変化しつつある場所を中心に尾道山手エリアを巡っていきます。アーティストや専門家がツアーコンダクターとなり、毎回新たな視点で場所を訪れ、新たなストーリーを参加者とともに紡ぎ出していきます。

AIR DIVE TOUR 2015
【日 時】 2015年12月5(土)6日(日)15:00〜18:00 (光明寺會舘集合:14:45)
【参加費】 一般1,000円 学生500円(*要予約)
【内 容】 5日[土]
      ■15:00〜 AIR DIVE TOUR 担当:小野
      シュシ・スライマン、岩間賢、横谷奈歩などAIR Onomichi招聘作家が制作しているのサイトを巡るツアーにご案内します。
      ■18:30〜 岩間賢 レクチャー
      これまで数多くの場を開いてきた作家 岩間賢が、独自の視点で“リノベーション“が持つこれからの可能性についてレクチャーします。
      6日[日]
      ■ 15:00〜 AIR DIVE TOUR 担当:AIR zine 編集室
これまで「AIR zine」が尾道で取り上げたところと、取り上げられていないところ(架空箇所)を順繰りまわって、「本の家」までご案内します。

◎関連企画/ ONLY CONNECT Learn  ※詳細はブログでご確認ください。
【主 催】  AIR Onomichi実行委員会
【助 成】  平成27年度文化芸術による地域活性化・国際発信推進事業、
       公益財団法人 福武財団 AAF 朝日新聞文化財団

お問い合わせ先
光明寺會舘  広島県尾道市東土堂町2-1   
Tel / Fax 050-1537-5353
Mail aironomichi@ybb.ne.jp(亀井)
AIRブログ http://aironomichi.blogspot.jp/


− − − − − − − −


AIR DIVE TOUR 2015

The pupa is a life stage of some insects as they undergo transformation from larva to adult. In the pupa, some structures are liquefied in order to complete metamorphosis. The adult structure is developed by the fluid process of reconstruction. The same process can be seen in the hillside area of Onomichi ,Yamate (a mountain side). Unexpected forms and entities have been developed by artists’ creative minds and their interventions.
  
In "AIR DIVE TOUR", artists and art related professionals guide you through "Open Air Museum", created in the area by AIR Onomichi. The participants of the tour dive inside “the pupa” and witness the transformation of the area and AIR Onomichi artists’ creative process. By dynamically engaging with the area through the tour, the audience can experience a new story of Yamate area.

AIR Onomichi
International artist in residence program has run biannually since its launch in 2007. Both local and international artists are invited to engage with derelict houses, vacant lots, and hidden histories in Yamate area.  Invited artists have demonstrated their unique interpretations of Yamate area.

SATURDAY 5 DECEMBER – AIR TOUR + LECTURE 
Lecture/ Satoshi Iwama (Artist), Tamaki Ono (Artist)
Tamaki Ono invites you to explore three, work-in-progress properties which AIR Onomichi’s invited artists Shooshie Sulaiman (Artist), Satoshi Iwama (Artist), and Naho Yokoya (Artist) have been working on since 2013. 
Satoshi Iwama will give a lecture about "Possibilities of Renovation in Art".  

SUNDAY 6 DECEMBER- AIR zine TOUR
Jun Abe (Editor in chief, AIR zine)
Jun Abe will lead a walking tour around Yamate area focused on examining Onomichi Castle, the lush vegetation of the area, vacant lots, and so on. The tour’s final destination will be "House of Book" in Nagae area. Subsequently, Jun Abe will host a reading circle at "House of Book" later that night.

Reference materials: photocopies of Onomichi Castle leaflet, Book selection list, an issue of AIR zine (choose one issue from back numbers) 


ABOUT THE TOUR
There are a significant number of derelict houses and vacant lots nestled in the hillside of Yamate area in Onomichi. "AIR Onomichi" (Artist in Residence Onomichi) has invited both local and international artists to examine how artists’ interventions can change the social and cultural landscape of the abandoned area. Our intention is to create "Open Air Museum" (OAM) within the area using artists’ creative minds and hands as a catalyst for change. In this tour, participants witness the beautiful and thoughtful exploration of the artists and their vibrant ongoing projects under the guidance of artists and organizers.

Ticket: ¥500

Time 15:00-18:00 (Meeting time 14:45 at Komyoji-kaikan)
For further information, please contact Komyoji-kaikan on  +81 (0)50-1537-5353 
Address : 2-1 Higashitsuchido-cho Onomichi-shi Hiroshima Japan





横谷奈歩 高橋家公開 2015



















プレスリリース

アーティスト・横谷奈歩は2013年より「高橋家にまつわる物語」として高橋家におけるリサーチをメインに創作活動を展開してきました。家の持つ記憶を読み解きながら、現在にも脈々と引き継がれている家族の物語を新たな視点で紡ぎだしていきます。創作活動はこれからも展開していきますが、これまでのリサーチの成果と高橋家の空間に触れていただく機会となります。
光明寺會舘にも関連展示がありますので、できれば光明寺會館の展示を先にご覧いただくことをお勧めいたします。(展示は11月8日〜12月6日公開、火・水休み)
*高橋家とは、尾道・長江エリアにある高橋家の邸宅。昭和25年頃より高橋武氏とご家族が約40年間居住した。武氏次男にあたる玄洋氏は、20歳頃まで高橋家に居住した。

【作家略歴】横谷奈歩(よこやなほ)1975年東京生まれ 。東京芸術大学大学院美術研究科後期博士課程油画専攻修了。2009年からヨーロッパ滞在。ポンペイの遺跡群調査、製本技術を学ぶ。2012年、プロジェクト「アートとサイエンスのあいだ」のため、2013年3月まで、イタリア/ナポリにて滞在制作。帰国後、東京を拠点に、個人の制作発表と「アートとサイエンスのあいだ」の制作を並行して活動。2014年もブルキナファソおよびイタリアでリサーチを展開。

【観覧料】  無料
【日 時】 11月28日[土] 11:00〜16:00 
        29日[日] 11:00〜16:00
      12月5日[土] 11:00〜16:00
        6日[日] 11:00〜16:00
【主 催】  横谷奈歩 AIR Onomichi実行委員会
【助 成】  平成27年度文化芸術による地域活性化・国際発信推進事業、
       公益財団法人 福武財団 AAF 朝日新聞文化財団
お問い合わせ先
光明寺會舘  広島県尾道市東土堂町2-1   
Tel / Fax 050-1537-5353
Mail aironomichi@ybb.ne.jp(亀井)
*AIR Onomichi 2007年より隔年で開催しているアーティスト・イン・レジデンス。国内外より美術家を招聘し、尾道の斜面地にある空き家・廃墟などを舞台に活動を展開している。


− − − − − − − − − −  

¬Press-release
Open House (Takahashi Family)

Naho Yokoya

Artist Naho Yokoya started her project, "A Story about Takahashi Family" in 2013 and since then has conducted intense research into the historical background and stories connected to Takahashi House.  She has attempted to rediscover and reconnect the fragmented memories and narratives of the family history through uncovering artifacts of everyday life left at Takahashi House. Her emotionally engaging examination of these artifacts including letters and notebooks is an ongoing work.  In "Open Takahashi House", Yokoya will exhibit a selection artifacts and invites you to set foot in the house and narrative experiences of the family.  This event is concurrent with a related exhibition at Komyojikaikan. We recommend visiting Komyoji-kaikan prior to "Open Takahashi House". (The exhibition at Komyoji-kaikan opens Thursday – Monday, between 14th Nov to 6th Dec)

Takahashi House 
Genyo Takahashi (a famous TV screenplay writer now living in Saitama) grew up and lived there until 19?? when he turned twenty years old.  Genyo’s father was the owner of the house and the family lived there for 40 years. It had been empty for 30 years and was badly ruined when Yokoya first visited there.

Naho Yokoya (b. 1975, Tokyo) completed her Ph.D. in Fine Art at Tokyo National Art University. Subsequently she stayed in London and Pompeii between 2009-2011. Her activities included research on the ruins of Pompeii and learning bookbinding. Between 2012-13, she lived and worked in Naples for her ongoing, collaborative project "Between Art and Science" She also visited Burkina Faso and Italy in 2014 for the same project.  She currently lives and works in Tokyo.

Free admission
[Time & Date]
SATURDAY 28 NOVEMBER 11:00-16:00
SUNDAY 29 NOVEMBER 11:00-16:00
SATURDAY 5 DECEMBER 11:00-16:00
SUNDAY 6 DECEMBER 11:00-16:00

Organized by: Naho Yokoya, AIR Onomichi Committee
Grants from: the Agency for Cultural Affairs、Fukutake Foundation, The Asahi Shimbun Foundation, Asahi Art Festival 2015 

For further information, please contact Komyoji-kaikan on  +81 (0)50-1537-5353 or Email: aironomichi@ybb.ne.jp  (Natsuko Kamei)
Komyoji-kaikan: 2-1 Higashitsuchido-cho, Onomichi-shi, Hiroshima, Japan.
(http://aironomichi.blogspot.jp/)



岩間賢 × AIR Onomichi 



ワークショップと集中作業 part 2

古民家の減築を学ぶ






















時間:9:00〜17:00 雨天決行
場所:光明寺會舘、尾道旧市街地斜面地
岩間賢によるレクチャー12月5日 18:00〜 「リノベーションの可能性」
主催:AIR Onomichi実行委員会
協力:NPO法人尾道空き家再生プロジェクト、尾道市立大学
      愛知県立芸術大学、光明寺會舘、AIR zine 編集室
助成:公益財団法人 福武財団、文化庁

※全日参加できなくてもOKです。
※交通費は自費、保険代は主催者負担です。
※宿泊希望の方は応相談。


OAM(オープンエアーミュージアム)はAIR Onomichi※の招聘アーティスト・岩間賢が2011 年より尾道の場とコミュニティのリサーチを重ねながら構想しました。山手エリア一帯を美術館として見立て、新たな視点で点在する作品や再生現場を緩やかに結んでいきます。美術館拠点として、2013年から尾道水道を望む優れた立地の廃屋の再生に着手し、アーティストのヴィジョンのもと、既存の建物を大胆に減築しながら、数ヶ年かけてセルフリノベーションしていきます。全く新しいかたちでつくり続ける美術館です。

AIR Onomichi
尾道山手地区の空き家・廃墟を舞台に活動を行っているアーティスト・イン・レジデンス。これまで16組の国内外の美術家を招聘してきた。2007年より隔年で開催。活動拠点は光明寺會舘。

岩間 賢   Satoshi Iwama
1974 年千葉県生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科後期博士過程絵画専攻( 美術博士号) 修了。文化庁在外研修員として中国にて創作・研究を重ね、中央美術学院(中国・北京)を博士課程を修了。現在、愛知県立芸術大学美術科油画専攻講師。作品においては「蔵風得水」・「可能性のかたち」のシリーズから、一貫して土を素材として扱い、土壁技法や日干し煉瓦を用いた作品を数多く制作。アジア文化圏の風土、環境、造形的アイデンティティーを問い直す独自の表現を行ってきた。これまで越後妻有アートトリエンナーレやCHINESEビエンナーレなどで作品発表。取手アートプロジェクトや中房総国際芸術祭の企画にも携わる。2013 年には市原の廃校をリノベーションし、アートプラットファーム「月出工舎」を設立。

◎ お問い合わせ:光明寺會舘(11:00~18:00 火、水曜休館)
〒722-0033 広島県尾道市東土堂町2-1 
Tel / Fax 050-1537-5353 Mail aironomichi@ybb.ne.jp(亀井)
光明寺會舘ブログ http://komyoji-kaikan.blogspot.jp/

2015-11-14

11/15 AIR DIVE TOUR 延期のお知らせ


誠に勝手ながら、11月15日[日]に予定しておりました「AIR DIVE TOUR」は、
明日の天候により11月28日[土]に延期いたします。

28日はナイトツアーで星空とともに各所へご案内いたします。
ぜひご参加ください。

AIR DIVE TOUR  Night
日 時 2015年11月28日[土]  18:00〜21:00
    *17:45までに光明寺會舘にお越しください。
参加費 一般 1000円 学生  500円 
お問い合わせ先 光明寺會舘
    Tel  050-1537-5353



2015-11-07

AIR DIVE TOUR/ONLY CONNECT Learn


山手歩き + 横谷奈歩さん現場でのおはなし 

2015年11月8日[日] 15:00〜18:00

講  師 小野環/美術家 
おはなし 横谷奈歩/AIR Onomichi アーティスト


AIR Onomichiのサイトを中心に尾道山手地区を歩きながら各自の関心をひくものを感覚的にカメラで拾い上げていきます。
直感的に拾い上げたものの中から、対話を通じて事後的に何らかの構造を見つけ出していくことによって、場についての、そして自分自身の興味関心についての考察を始めたいと思います。
AIR Onomichiのサイトの一つ、高橋家ではアーティスト 横谷奈歩氏の話しを聞きます。



小野環 Tamaki Ono
1973年北海道生まれ。1998年東京芸術大学大学院油画修士課程修了。現在、尾道市立大学美術学科准教授。2007年よりアーティスト・イン・レジデンス「AIR Onomichi」を主催。NPO法人尾道空き家再生プロジェクト副代表理事。「キツネ作戦」(2000年)、VOCA展(2004年)、「足下の辺境」(2010年)など。ユニット「もうひとり」の活動を2006年より開始、「ユートピアの迷子石」(2013年) やART BASE 百島出の展覧会に参加。



AIR DIVE TOUR
◎14:45 光明寺會舘集合
     ガイダンスのあと、光明寺會舘、作家のサイト(シュシ・スライマン、岩間賢)を巡ります。
     そのあと、長江方面へ向かい横谷奈歩のサイトへ行きます。
     雨天時は室内滞在を長くします。
◎持ち物 デジタルカメラ、メモ帳、筆記用具
◎参加費 500円
◎お問い合わせ先 光明寺會舘
     〒722-0033 広島県尾道市東土堂町2-1
     Mail aironomichi@ybb.ne.jp