2015-10-03

Shooshie Sulaiman


ORGANIZING ABANDON

作業日時    10月3日〜11月5日  10:00〜17:00
ワークショップ 10月4・5・10日(10/4のみ14:00〜)

シュシ・スライマン(マレーシア)の尾道における制作は既に廃墟と化した一軒の家との対話からはじまりました。家の部材一つ一つを丁寧にアーカイブする作業と、家に残された廃物でアートワークを生み出す制作をこれまで行ってきました。2015年はその延長上での制作と並行し、廃墟のアーカイブルームとしての再構築もスタートします。
スライマン氏は、滞在期間中ワークショップを開催しながら多彩な制作の現場を進行させていきます。AIR Onomichiでは現場作業をお手伝いしていただけるアシスタントを募集します。


Artist
Shooshie Sulaiman/シュシ・スライマン
1973年マレーシア、ムアール生まれ。1996年 BA in Fine Art front the MARA University of Technology(UiTM),Selangor,マレーシアクアラルンプール在住。1996年マラ技術大学において美術学士号を取得。マレーシア国立美術館の権威ある賞 -Young Contemporaries Award受賞。2014年にアートバーゼルのアート・アンリミテッド(バーゼル、スイス)とグァンジュ・ビエンナーレ(グァンジュ、韓国)に出展のほか、主なグループ展に「Open House」シンガポール・ビエンナーレ(2011)、アジア太平洋現代美術トリエンナーレ(2009-10)、ドクメンタ12(2007)、Continuities:Contemporay Art of Malaysia At The Turn of The 21st Century(広東美術館、2004)やフィレンツェ・ビエンナーレ(2003)など。展覧会やプロジェクトスペース「12」を運営。


お問い合わせ先 光明寺會舘
TEL 050-1537-5353
MAIL  aironomichi@ybb.ne.jp
◎上記の期間でお手伝い頂ける方は2日前までにお申し込みをお願いいたします。
作業アシスタントのみなさまにはこちらで保険に加入いたします。

主催 AIR Onomichi 実行委員会
協力 NPO法人尾道空き家再生プロジェクト 光明寺 尾道市立大学 光明寺會舘 AIR zine 編集室
助成 公益財団法人 福武財団 文化庁





0 件のコメント: