2011-10-07


AIR Onomichi 2011 Workshop




私たちがこのワークショップで提案するのはリアリティとの交流の
方法です。それは私たちが制作を行う時の方法に近いものです。
ふだんの制作時に、私たちはその場所固有の状況に反応してい
ます。ある部分をアトリエであらかじめ制作し、その残りを展示の
場でつけたものとともに、その場で即興で作ります。そのような
方法によって表現の多彩な意味を見つけることができます。

このワークショップは2つのパートで成り立ちます。
まずは参加者が尾道のなかで場所を決めます。
次に物、あるいは物、音、行為などの組み合わせを各自が選んだ
場所で展示・発表します。もし必要があれば夜の発表でもかまい
ません。発表の日には全ての参加者が、それぞれの異なる場所に
案内し、ディスカッションに加していきます。

場を探すことはつまり視点/考え方を探すことにも似ています。
それぞれの場は当たり前のように物語を持っており、
また、雰囲気作り出していて、それは私たちが五感で感じるもの
に影響を与える事でしょう。単に物どうしの相互の反応を起こさせ
るだけ、つまり物、音、光、あるいは行為を選ぶ事は、再現性を用
いない表現方法となりうる事でしょう。

尾道は豊かで興味深い場所があちこちにあり、多くの物をいたると
ろに見つける事が出来ます。私たちはこの実習を通じて場所や
物語、人々をそれぞれの固有の感覚で発見する事に期待しています。

それではお会いしましょう。
アンドレアス クレシグ、ローラン フォロン




AIR Workshop
日 時 2011年 10月9日(日)  14時-
        10月16日(日) 10時-
場 所 光明寺會舘
参加費 2回で1,000円
講 師 ローラン フォロン アンドレアス クレシグ


お問い合わせ 光明寺會舘
tel/fax 050-1537-5353 email aironomichi@ybb.ne.jp (亀井)

0 件のコメント: