2009-08-10

坂口 恭平の制作

今回の制作は、一見ストイックで精神修業のように見えますが、実際、彼はいつも通りの坂口恭平でひょうひょうと描きつづけています。

彼は、様々な表現方法を持っていますが、きっとどんな状況、場所、事物と対峙しても着飾らない坂口恭平さんでいるのではないかと思います。

0 件のコメント: